メニュー
\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

Gmail│メールの複製方法│Email Studio

毎月、送る請求書メールなどGmailでメールを複製して、文言を変更して送りたいということはないでしょうか?

メールソフトのThunderbirdを経由すれば、メールの複製はできるのですが

Gmail自体にはテンプレートを作成する機能はあるものの、宛先等も含めた複製方法はありません。

そこでGASを使って、複製できる機能を付与したサービスがありましたので紹介します。

海外でフリーランスをしているテクニカルアーティスト
ゲーム開発・映像制作・WEB制作等を請け負っています。
当ブログは作業効率化のための技術ブログです。

目次

Email Studioを使ったGmailの複製方法

やり方は簡単です。

GASの許可を出して、ツールを連携させてEmail Studio内で複製するだけです。

STEP

下書きの作成

まずは複製元のメールを作成します。

これは送信済みのではなく、下書きのメールを用意します。

宛先まで入力しておきましょう。

STEP

Email Studioの許可

Email Studio自体はすべてGASで作成されているサービスです。

GoogleのGAS内で作成されたサービスなので、基本的に他の人に見られる心配はありません。

まずはGASが使えるように連携の許可をしましょう。

STEP

メールの複製

許可をしてGmailと接続できるようになったら、Draft Copierのメニューから作成した下書きメールを選択しましょう。

同時に複数枚のメールの複製もできますが、無料版は3メールのみです。

あとはDupulicateボタンをおして複製が終わるのを待ちましょう。

無料版は最大24複製までの制限があります。

STEP

確認

gmailの下書きに複製されていることが確認できます。

このように複製物を下書きに残しつつ、複製することができます。

まとめ

宛先が大き場合等はこのツール、Email Studioを使うと便利だとおもいます。

他にも自動返信機能などあるので、よりGmailを便利にすることができます。

気になった方はぜひ試してみてください。

全記事一覧

  • URLをコピーしました!
目次